最近の我が家のFIAT 500

徐々に電子系の装備も充実してきています。

前後ドラレコ&バックモニター YI Mirror Dash Camera

買ったときからずっとつけようと思っていたバックモニターがついにつきました。

ここも小米か、と言われそうですが、小米の子会社なのかサブブランドなのかよくわからない"YI"のミラー一体型タイプです。

日本のAmazonで売られている並行輸入品はこの記事を書いている段階で20000円とびっくり価格になっていますが、僕はAliExpressで購入したので6000円くらいです。

ミラーのど真ん中にモニターがついているのは正直どうなの、という感じはしますけど、やっぱり小米が作っているという点で信頼性が高いですね。 AUTO-VOXというブランドの出しているミラーの端にモニタがついているほうが圧倒的に使いやすそうですが、まぁ信頼性という点でパスしました。

再生数的に当てになるのかはわかりませんが、海外のレビュー動画でも高評価です。日本語でのレビューとか取り付け報告は1件も見つけられませんでしたが。


Top 5: Best Mirror Dash Cams of 2018 / Dashcam on Amazon

取り付けは自分でやってみようと思い内装剥がしも買ってみたのですが、Aピラーカバーを外しただけで「これは無理だ…」と悟りました。というわけでFIATのディーラーさんにお願いすることに。工賃は20000円ぴったり(税抜き)でした。本体の3倍…。。。

f:id:k5trismegistus:20190113223003j:plain

箱の説明にもあるように、最高解像度はフロント1920x1080、リア1280x720。マイクロSDカードを入れておけば自動でループ録画してくれます。

ミラーだけを取り付けた様子はこんな感じ。もとのミラーより格段にでかい。

f:id:k5trismegistus:20190113223712j:plain

前から撮るとよくわかります。

f:id:k5trismegistus:20190113223946j:plain

バックランプに配線をつないでもらったのでバックギアに入れると勝手にリアモニターつきますし、使い勝手的には最初からついてるのとそうかわりません。今までカーシェアとかでバックモニターのついた車は乗ったことあるのですが、今までで一番くっきり映ります。結構いいセンサー使っているのかな。。

FIAT 500にバックカメラを取り付ける場合、場所はここしかないそうです。こんなところについたらバック時の後方確認はともかくリアのドラレコ代わりにはならないのでは?と思ったのですが、実際ついてみると画角が広いので後ろの車のナンバープレートもばっちり映ります。

f:id:k5trismegistus:20190113225140j:plain

HUD

OBD-IIコネクタにつなぐタイプのHUDも導入しました。

FIAT500に乗っている方はご存知かと思いますが、デュアロジックはほぼマニュアル車なので、タコメーターを見ながらデュアロジックが気持ちよくシフトしてくれるようにするか、自分でシフトしてあげる必要があります。

しかしメーターを見るためには視線をそらさなければならず前方不注意になりやすいのも事実。というわけでメーターをフロントガラスに投影できるHUDも導入しました。

こちらもAliExpressで買ったものと全く同じのが日本Amazonで売られてましたが、だいたい倍くらいの値段がついてます。

これは運転席右下の小物入れをはずすと存在するOBD-IIコネクタにそのまま挿せばいいだけなのですが、残念ながらコネクタが小物入れに干渉してしまいます。なのでコネクタを自分で加工して取り付ける必要がありました。 とはいえカッターがあればすぐできるレベルなので、工作ってほどでもないです。

スマホまわり

スマホをナビとして利用していますが、ようやくしっくりくる取り付け位置を見つけました。

この三軸アームを使って、Uconnect端末の上にかぶせるように。先程の写真の再掲ですが、ここにホルダーをつけます。

f:id:k5trismegistus:20190113223712j:plain

ラジオをあまり聞かないので、ぶっちゃけUconnect端末の画面いらないんですよね。というわけでかぶせてしまいました。

ただ、これだとスマホが熱くなっても風が当たらず冷却できません。うまいことファンをつけて冷やせるようにしたいですね。

コックピット

というわけで、運転席はこんな感じになりました。

f:id:k5trismegistus:20190113225404j:plain

電子装備いっぱいついてて楽しそうですよね。

トランク

これは最新装備の話ではないのですが。。

FIAT 500の難点として、リアシートを倒したときに荷室がフラットにならないというのがよくあげられます。そこでトランクに薄いコンテナを積んでおいて、ほぼフラットを実現するというハックがあります。

よく使われるのがアイリスオーヤマのRV-BOX 900F。しかしこれ、いかにも実用重視って感じでFIAT 500のインテリアにはマッチしません。

なんかいい感じのコンテナないかなーと思っていたのですが、先日カインズホームに行ったときについに見つけてしまいました。 我が家のFIAT 500 Anniversarioのボディカラーとほぼ同じ、太陽のようなオレンジ色のコンテナ!

www.cainz.com

これを3つならべて置くと、ちょうどトランクにぴったり。これでトランクフラット化もできました。


買ってすぐと比較。これでつけたかったものはだいたいついたかなーと思います。(スマホの熱問題は未解決ですが)

あとは大事に乗っていくだけですね。

k5trismegistus.hatenablog.com

わずか一週間で効果を実感!サラダランチ生活

f:id:k5trismegistus:20190109212735j:plain

新年の新たな試みとして、平日のお昼ご飯を思い切ってサラダ&サラダチキンのみにする生活を始めてみました。 するとわずか一週間で食後の眠気に襲われなくなったり、体重が減るなどのポジティブな変化が得られました!

もくじ

背景

はじめて就職した会社である前職の職場が銀座にありました。銀座というとレストランはどこも高いのでは?と思う方もいるかも知れませんが、実は競争が激しい分美味しいランチが安く食べられるのです。

なかでも最高なのが築地ピラミッドのカレー。生クリームがたっぷりはいったルーが美味しいです。

tabelog.com

現在の職場は六本木にあるのですが、同じくらいおいしいものを食べようと思うと倍くらい払わないといけません。

ただしこれはいいことばかりではありません。退職前に就職してすぐの自分の写真と鏡にうつる自分を見比べたのですが、明らかに顔のラインがふっくらしてきている、、、。 生クリーム入のカレーなんて、脂肪と炭水化物の塊ですよね。

そこで転職を機に平日のランチは贅沢をせず質素にいこうと決めました。

そのときに利用し始めたのがセブンイレブンセブンミールお弁当です。

f:id:k5trismegistus:20190109213836j:plain

事前に注文をしておくとセブンイレブン店頭で受け取れる宅配弁当です。これがごはんの量・種類を選べて内容も栄養士監修ということでかなり重宝していました。 そしてこのセブンミールの雑穀米・ご飯少なめとインスタンス味噌汁というランチを食べてきました。

しかし残念ながら最近セブンミールに大改悪があり、ご飯サイズ「少なめ」がなくなり「ふつう」しか選べなくなり、これまでは前日までに注文すればよかったのに3日前に注文しなければならなくなり、そしてなによりいつのまにか「栄養士監修」じゃなくなっていました。これでは頼む理由が何もありません。

しばらくは惰性で続けていたのですが、もういい加減やめようと思い立ちました。

サラダランチの内容

以前知り合いが「糖質を食べないようにすると気分がいい」ということを言っており、前から糖質制限には興味を持っていました。そこでとりあえずランチだけでも糖質を思いっきり減らしてみようと思いました。

ちゃんとした本を読んだりしたわけではないので我流ですが、今のランチはこんな感じでサラダをベースにしたものにしています。

f:id:k5trismegistus:20190109214849j:plain

コンビニの200円くらいで売っているサラダ2つをベースにサラダチキンを組み合わせ。サラダチキンの大きいやつにするか、小さめのサラダチキンとポテトサラダを組み合わせにするか等、変化をつけています。

サラダを選ぶときは当然パスタ入のサラダなど炭水化物が入っているものは選びません。シーチキンの載っているキャベツサラダか海藻サラダを選ぶことが多いです。

写真の組み合わせだとカロリーはシーチキンサラダで100kcal x2、ポテトサラダで170kcal、サラダチキンスティックで70kcalと合計450kcal程度になります。

そしてドレッシングにも一工夫。大麻の種の油であるヘンプシードオイルを混ぜて使用しています。使っているのはこれ。

有機 麻の実油 230g

有機 麻の実油 230g

大麻といっても種にはTHCが含まれていませんし、日本での流通もまったく問題ないやつです。カルディでも普通に売っているのを見かけます。 大麻には強烈な思い出があるのですが、こちらのオイルはオメガ3,6,9をバランスよく配合していてアレルギーなどにも効果的なγリノレン酸も含んでいるそうで、いいことしかありません。 そのかわりめちゃくちゃ臭いので、おすすめされているような生で飲むような摂取方法はとても無理です。ドレッシングにまぜると臭いがまぎれていい感じです。

サラダランチ生活をはじめて感じたこと

僕はお昼ご飯を食べたあとは眠くなってしまうタイプなのですが、このサラダランチにしてからまったく眠くならなくなりました。 すさまじく頭が冴えるというわけではないのですが、これまではお昼を食べてから2,3時間頭にもやがかかっていたのがなくなりました。

そして体重も一週間で0.5kg程度減りました。改めて運動をはじめたりしたわけではないので劇的な変化ではないですが、たった一週間ということを考えると悪くない数字だと思います。

ただし困ったことも一つ。人間は血糖値の上昇で満腹感を感じるといいますが、サラダランチを食べてもお腹いっぱいという感じにはなりません。 表現が難しいのですが、お腹は膨れているのに全然満腹感がせずむしろ食欲がわいてきます。胃がいっぱいになっても満腹感は得られないんだなと思いました。 これは気合で乗り切るしかないのでしょうか、、。

これで夜まで耐えるのはつらいので、おやつは食べざるをえません。今はグリコの「おからだから」を主に食べています。

サラダランチのコツ

これを読んで自分もやってみようと思った方は、次のようなことをおすすめします。

  • ポテトサラダで満腹感を得る

ポテトサラダを利用すると比較的満腹感が得られます。おなかが空いているときにはチキンを小さめにしてポテトサラダを組み合わせるのがよさそうです。

  • 味噌汁・スープを合わせる

味噌汁やスープなど暖かい汁物と組み合わせるのも結構効果的でした。はじめに一口汁物を飲むと胃腸が活性化されるそうです。野菜はあまり消化がよくないので、やっておいたほうがよいでしょう。

  • コンビニを変えてみる

大して違いがないように見えて、じっくり見るとサラダの品揃えに違いがあります。いくつかコンビニを選べる環境にいる場合はいろいろ変えてみましょう。

この記事の真の目的

このブログの主目的は自己満足なのだけれども、ずっとアクセス数が低値安定という感じ。(bloggerから移転する前から1/2~1/3くらいになったまま増えない) もうちょっと読者ふえてほしいなぁということで、目を引いて読みやすい記事を作っていくぞという。 やっていくぞ。

新年、一人で開発合宿をしてみた

あけましておめでとうございます。

表題の通り、一人で開発合宿というのをしてみた。 普通こういうのは温泉とかちょっと離れたところで、複数人でワイワイやるものだと思うんだけど、一人だしということで自宅から徒歩5分くらいのビジネスホテルで。

家族にはわざわざ泊まらなくても家でやるかカフェとかでやるかでよくない?と言われいた。 しかし家だと雑用を見つけてしまうことが多く、カフェだとインターネット環境があまり良くないことが多いし、夕食後に頑張りが効かない。 また、くつろいだ姿勢でやるのにも個室が使えたほうがよい。

泊まる場所に関してはあえて自宅近くにすることで、夕飯時は自宅に帰って家族と夕食を食べることもできるという目論見で近くにした。 一人でやるぶんにはこれは悪くない考えだったと思う。

というわけで金曜の夜から二泊でやってきた。といっても、ビジネスホテルなので日曜は11時チェックアウトということで使える時間は金曜夕方〜土曜寝るまでだけ。 成果物は公にできないんだけど、React Native(expo利用)でスマホアプリ開発がメイン。

余談だけど、ネイティブコードを一切書かずに作れるようなアプリだとReact Native + expoはかなりよさげ。 今回の合宿前にReact Native版とexpo版、それぞれでHello world的な部分までやってみたんだけどexpoがあると速い速い。 スマホアプリにおけるRailsといってもいいんじゃないだろうか。(Railsほどやり方が決まっているわけじゃないんだけど。) メディアのアプリなんかはこれで十分でしょう。

実践Expo React NativeとFirebaseで、SNSアプリを最速ストアリリース! (NextPublishing)

実践Expo React NativeとFirebaseで、SNSアプリを最速ストアリリース! (NextPublishing)

ちょっと話がそれたので軌道修正。 合宿の成果としては、ひとつのプロジェクトにしっかり時間を割いて向き合ったという点ではよかったが、効率としてよかったかといわれると微妙。

これはプロジェクト固有の問題でもあったんだけど、それまではexpoのネットワーク経由配布機能を使って実機デバッグをしていたところがホテルのWiFiだとつながらないという事態に。というわけでAndroidエミュレーターをセットアップしてエミュレーターデバッグに切り替えざるを得なかったのだが、SDKやら仮想デバイスのイメージのダウンロードやら、、。ホテルのWiFiも遅かった。 ハッカソンとかやるなら、事前準備はしっかりしていかないとだめだなぁ、と思った。

もともとはサーバーサイド(というのか、Firebase Cloud Functionを使う予定だった)もやろうと思っていたが、金曜夜が終わった時点でそれはあきらめ、クライアントアプリのでも実装だけに集中することに。 これで及第点というところまでは作れたので、この判断は間違っていなかったと思う。もし最初の目標に固執していたら、何もデモできる成果物なし!という状況になっていただろう。ホテルじゃなく家でやっていたとしても成果物なしだったかな。

時期的にホテルの価格も安かったので、そんなに悪くない投資だったかなとは思うけど、やはり一人でやるよりは複数人でやったほうがよかっただろうなと。

2018年を振り返る

今年も振り返りをやってみましょう。 去年ははじめて「来年への豊富」みたいなのを書いていたので、それとも照らし合わせてみる。

k5trismegistus.hatenablog.com

まず去年の目標で書いたことなんだけど、

  • キャリアを考える →転職してブロックチェーンにコミットすることになった。 新しいテクノロジーにベットするという選択をしたわけです。

k5trismegistus.hatenablog.com

  • 会社以外の収入源をつくる

これは詳細言えないけど、学生時代インターンしていた会社のお手伝いをしている。

  • プライベートなIT環境を整える

これもやった記事書こうと思って放り出してしまっていたんだけど、ASUSのミニPCにCentOSを入れて自宅サーバー運用中。

今動いているアプリケーションだとこれがイチオシ。

github.com

自分の持っている漫画のスキャンファイルを使って自分用漫画村を作れるというアプリケーションです。これもいずれは紹介したいなぁ。でも面倒。

となんとすべてクリアしていた。まぁ目標がしょぼかったというのもあるけど。

あと、DBスペシャリストもとりました。 ああ、今年はけっこう目標クリアしているなー。来年はもっと高望みしよう。

…というわけで、今年のKPTをやっていく。

Keep

  • ウィンタースポーツの楽しさを思い出した

3月に15年ぶりくらいにスキーに行ったんだけど、これが楽しかった。 今月も1回いって、スキーだけじゃなくてスノーボードにも手を出してみた。

スキーに行った帰り、体はめちゃくちゃ疲れているんだけどふだんオフィスワークで蓄積される「だるさ」が消えるということを発見。 これからも休日はいろいろアクティビティに挑戦して体を動かしていきたい。

  • 仕事面でいろいろやるようになった

スタートアップに転職したということもあり、開発だけやってたこれまでと違っていろんなことをするようになった。自分でできることの幅がひろがったのはよいこと。 今の会社でも案件をとるきっかけをつくったり。

  • 人前で話したりするように

k5trismegistus.hatenablog.com

とか

connpass.com

自分の名前を出して外で喋ったりする機会にめぐまれた。

  • 駐車ができるようになった

自分の車を持ってて当たり前の話なんだけど、駐車ができるようになった。トルコでもレンタカー借りて運転したぞ。

  • 読書をまたするようになった

最近はめっきり電子書籍派になってしまったが、読書週間がふたたびついた。

Problem

  • 体重が減ってない。

体重をちょっと落とさないとだめ。来年は65kg台にするのを目標に。秋くらいにもうちょっとというところまで行ったのに、その後寒くて体動かさなくなったりでまた増えてきてしまった。。

発見したんだけど、スルメイカってカロリー少ないしタンパク質豊富だし、おやつに最適っぽい。これからはスルメイカを食べまくろう。

  • 習慣的な運動

↑と関連する話だが運動の習慣がつけられていない。一時期ジム通いもしていたんだけど、これが前職の福利厚生で安く行けていたのがなくなってしまってから行っておらず。 また通勤時間も長くなってあんまり体を動かす時間もとれていない。 これはまー根深い問題ですぐに解決はできない。

  • 日々のストレスが増えている気がする

前の職場が楽しすぎたというのもあるんだけれども、やっぱり日々のストレスみたいなのは増えたかなぁ…。 自分なりの付き合い方を見つけていかないと。

Trial

来年の目標

  • ニュース記事にのる

しょぼいネットニュースでもよいので、自分のことをだれかに取り上げてもらうことを目標にする。自分で自分を紹介するんじゃなくてだれかに紹介されることを目標に。

  • 海外出張にいく

仕事で海外にいきたい。ブロックチェーンだしマルタ島がいいな。

  • 話を詰められるようにする

Keepのところに書いた

今の会社でも案件をとるきっかけをつくったり。

これ、きっかけを持ってくるだけじゃなくて自分で話を進められるようにもしていきたい。


というような感じでしょうか。 来年は何より体重をへらすぞー。

12/17-12/24のアンテナ

再び一日遅延

イーロン・マスクが披露した地下トンネルは、本当に「都市交通の未来」へと続くのか?

wired.jp

未来予測、空飛ぶ車がつきものである。ことにドローンが普及し始めてから現実感を持って語られてきた。 しかし現実的に少人数を輸送するためだけにビークルを空に飛ばすのはエネルギー効率が悪すぎるように思う。 その点で地下を利用するのはとても合理的だと思う。

ただ、都市であればすでに地下鉄もあるし電話線や送電網、上下下水道ガス管などなどすでに多くのものが埋まってしまっている。それをどう解決してくんだろうか。

スノーボードをはじめてやった

生まれて初めてスノーボードをやった。これまでスキー専門だった僕はゲレンデに座り込んでいるスノーボーダーを見て「なんてあいつらは怠惰なんだ」と思っていた。 しかし自分でやるとわかったけど、あれは転ぶとほんとに立てない。そもそも板が雪に突き刺さって転がったまま動けなくなることもあるし、尻もちをつくと立ち上がる気力がなかなか湧いてこない。

実際体験してみないと理解できない相手のことってあるもんですね。

news-65110.jp

12/10-12/16のアンテナ

経済格差の根源は、十数万年前の東アフリカに起因する:オデッド・ガロー教授の「統一成長理論」

wired.jp

つまり、1800年以前は経済的に見ると停滞していたものの、その陰で「技術進歩」、「人口増加」、そして「人的資本への投資」という正のサイクルが着実に進行していたのだ。ちなみに先に紹介した動的モデルは、このことをエレガントに示したものである。

1800年ころに相転移がおきたということなのだろうか。 適応度の変化して観測はできないけれども、遺伝的なダイバーシティが蓄積されていくことで適応地形の変化に対して強くなるという点で中立進化説と通じるものがあるんじゃないかと思った。

つまり(国内における)遺伝的多様性は、高過ぎても低過ぎても経済成長と負の関連があり、最適な状態があるということだ。例えばこの図では、アジアやヨーロッパ諸国における遺伝的多様性は、経済成長という観点からは最適な状態であることが見てとれる。

これはちょっと怪しい気がする。相関関係であって、因果関係だとはまだ言えないのではないかなと。 僕はやはり経済成長の原因も「共同体意識」によるものではないかと思う。

ちょうど今ヨーロッパを中心とした傭兵の文化史の本を読んでいるんだけど、人々が自分の直接見知っている集落に加えて、虚構の「国民国家」への帰属意識を持ち出したことが大きいんじゃないかなぁと思う。 自分のいる世界のスケールが大きくないと、自分の仕事をスケールさせようという発想も出てこないわけだし。

傭兵の二千年史 (講談社現代新書)

傭兵の二千年史 (講談社現代新書)

変な話だけど、自分の住んでいる人口200人の集落から出たことがないWebエンジニアがいたとして、秒間2000リクエストさばかなきゃいけない状況ってそうぞうできないでしょう。

ジャケットを着るだけでロボットのプログラムを可能にするWandelbotsが77億円を調達

jp.techcrunch.com

これはよくできてるなー。ひとつ気になるとしたら、人間の限界にロボットを合わせることにならないかというところ。 関節の数とか自由度がロボットだと高められるけれども、そこへの適用はどうなるのだろうか。

動きではなく動きの結果をみて自動に最適化してくれるんだろうか。

12/3-12/9のアンテナ

一日遅れ。

交通機関からカード決済まで、携帯電話のネットワーク障害は英国でも大問題に

僕もこの通信障害の数日前にLINEモバイルの回線をソフトバンクに変えたばかりだったのでまともに影響を受けた。といっても平日だったので、オフィスにずっといたので致命的な影響は受けなかったけれども。

やはり世の中の多くのものがインターネットにつながるようになっている今、通信手段の冗長化っていうのが求められている。スマートフォンLTE(うすぐやってくる5G)とWiFIがついており、WiFiアクセスポイントがモバイルネットワーク依存のタイプでない限りはそこそこ冗長化されているけれども。 やっぱり、気球をいっぱい飛ばしておくしかないのだろうか。

wired.jp