DAppsに関する考え

昨日はDFINITY Tokyo Meetupに行った。

www.meetup.com

DFINITYはよく知らなかったんだけど、要するにEOSのようにdPoSに逃げずに非中央集権制を保ちつつもEthereumよりも高速にトランザクション処理ができるブロックチェーンということのようだ。 最近はEOSばっかり見ていたんだけど、まぁこっちもこっちで人気は出そうな気はする…。

f:id:k5trismegistus:20180919214005p:plain

で、問題はそのあとの懇親会。はじめに話しかけた人がビットコイン信者で、DAppsとか意味がない、アプリケーションが分散化しても何もうれしくないよねというスタンスだった。 自分もブロックチェーンを使う本質がないものにブロックチェーン使うのは無意味という考えをしていた時期はあったんだけど、その人と会話している中でその考えは完全になくなっていることに気がついた。

個人的には、ブロックチェーンどうこう関係なく、開発だけしてあとはデプロイしたら勝手に動いてくれるっていう点に未来があるんじゃないかと思う。AWS LambdaとかCloud Functionよりさらに進んだものとして考えればよいわけである。 デプロイしたらもうあとは一切関与せず、お金も払うことなく動き続けるプログラム…。非中央集権がどうとか、宗教的な話はおいておいてこれってすごい価値があると思いませんか?

もちろん、それで儲けようとかサービスを大きくしていこうというプログラムの置き先にはならないが、作ったっきりでお金払ってホスティングするほどじゃないけど無料ならどっかに公開したいレベルのプログラムって結構あると思うんですよね。今までだったらその受け口はherokuとかAWS, GCPの無料枠だったわけだけど、それらは1アカウントにつき1つまで、とかある程度使われたら課金が発生してしまうかもしれない、とか制約がある。

f:id:k5trismegistus:20180919214840j:plain

現実的にSolidityでそんな役に立つものはかけないんだが、Ethereum上にアプリケーションを置いておけば、あとは作成者はまったく関与することなくプログラムは動き続ける。(関与したくてもできない)プログラムの実行に必要なコストはgasコストとしてプログラム利用者が勝手に払ってくれる。 もしeWASMやらShardingやらで、「役に立つ」レベルのプログラムがEthereum上で動かせるようになったとしよう。(「役に立つ」とは、Etherとかトークンの移動関係なく実用的なユーティリティアプリケーションであるということ) そうなったら、とりあえずなんでもできるものはEthereum上にデプロイしておくっていう文化が生まれるかもしれない。

そういう小規模でしょうもないプログラムがたくさんプラットフォーム上にあれば、それをつなぎ合わせることでちょっと面白いことができる、さらにそれらをつなぎ合わせるとさらに面白いことができる…。っていう世界観は結構ありなんじゃないかと思っている。

それがブロックチェーンを使っている必要があるかといえば、なくても実現できる。でも、わざわざそこに計算資源を提供しようというインセンティブを起こすためにはブロックチェーンがあるととてもやりやすいのは事実。(とりあえずトークン配っておけばなんとかなる、的な。)

で、さらにブロックチェーンというパブリックなところにデータが集約されれば、プログラム同士が直接連携するわけじゃなくてもあるプログラムで生まれたデータを他のプログラムが使ってどうこう…といったこともできるだろう。

計算資源を提供する側にうまくインセンティブを提供できるかどうかとアプリ開発者がそこにプログラムを置きたくなるインセンティブを提供できるかどうか、直交する2つの次元でうまくいったプラットフォームが勝者になる。

ちょっと昔のAPIエコノミーみたいな話になってきてしまったが、DAppsでうれしいことってそういうところなのでは?と今は思っている。

9/10-9/16のアンテナ

[記事] グーグルは「URLがない世界」をつくろうとしている

wired.jp

この前友人と話しているときに、なぜ住所が必要なのかという話になった。結論としては、住所が唯一国民とコミュニケーションをPushする※ために利用できる公的なアクセス方法であるからという結論になった。 電話番号はかなり公共性が高いといえていたけど、携帯の普及によりちょっと公共性は低まったと思う。また、文書が送れないという難点もある。メールアドレスやLINEは完全に私企業のものである。

※窓口に来てもらうのはPull。

住所は郵便によってメッセージを国民に伝えるための、統治テクノロジーなのである。(赤紙は住所に配達された)

そのあとで話ははずみ、ブロックチェーン技術は、住所を不要にする可能性を秘めているんじゃないかという話になった。 国民全員がマイナンバーのような形で公開鍵暗号の鍵ペアを持っていて、秘密鍵マイナンバーカードの中に入っている。そしてメッセージは宛先の人の公開鍵で暗号化され、その公開鍵=アドレスに紐づけられた形でブロックチェーンに書き込まれる。 で、そのメッセージは自宅のPCなりスマホなり、または公的機関に設置された端末で読むことができる。

こうなっていれば、住所なくとも国民にメッセージを伝えることができる。

https://gigazine.net/news/20160626-mongolia-three-word-address/

ちなみに、いわゆる住所の代替テクノロジーとしてはこういったものもある。

この記事自体は、URLではフィッシングは防げないしやめようという話だと思うんだけど、そもそも論として郵便のために生まれた住所をそのままアナロジーに使うのがもう古いんじゃないだろうか。

IPFSによる情報配信のような、アナログなアナロジーに頼らない配信方法がそろそろ受け入れられる時代がきている。

9/3-9/9のアンテナ

AIは未来を予測しない。いまを映す「鏡」である:伊藤穰一

wired.jp

学生時代ちょろっと深層学習とか触れてみたので、一般ピーポーよりは機械学習・AIに対するリテラシーはあると思う。(ディープボルツマンマシンも知ってるぞ)

Deep Zen Goを考えてみると、Deep Zen Goはおそらく人間の手によって「こういう場合はこうしたらいい」というルールを覚え込まされてはいない。(ヒューリスティクス) 機械同士が猛烈な速度で、しかも休みなくずっと囲碁を打ち続けた結果人間に頼ることなく「勝ち方」を覚えていったわけである。その中にはいままで人類が試したことのないパターンも含まれていたはずだ。

しかし、どうなったら「勝ち」なのかという部分は囲碁のルール、つまり大昔の人間が決めたものによって規定されている。Deep Zen Goは、囲碁のルールから導き出されるなかでは最高のパターンを発見しようとしているが、そもそもルールは人間が決めたものである。

教師あり学習だろうが、教師なし学習だろうが強化学習だろうが、最終的にモデルを評価するのは人の意思に依存してしまう。

ボルヘスの「中国の百科事典」を例に上げてみると

中国の動物は以下のように分類されるという。

a、皇帝に属するもの b、香の匂いを放つもの c、飼いならされたもの d、乳呑み豚 e、人魚 f、お話に出てくるもの g、放し飼いの犬 h、この分類自体に含まれているもの i、気違いのように騒ぐもの j、数えきれぬもの k、駱駝の毛の極細の毛筆で描かれたもの l、その他 m、いましがた壷をこわしたもの n、遠くから蝿のように見えるもの

AIが行えることは、あるフレームワークから忠実に演繹を行い、人間には到底踏破しえないパターンを休みなく試してフレームワークのもとで「良い」ものを見つけることである。 というのを正しく理解してAIと仲良くする必要がある。

Wonder under Water 緑色の海 (アクションカムEKEN H9sを買ってみた)

ダイビングをすることになった。となると、アクションカムを買わなければならない。

これまでもスキーに行ったりしまなみ海道サイクリングをしたときに「ああ、アクションカムがあれば」と思うシーンが多数あり、いつか買おう買おうと思っていた。 そのときがまさしくきたのである。。スキーもサイクリングも、アクションカムなしでスマートフォンで写真・動画をとることはできる。(あんまり褒められたことじゃないけど、片手運転で坂下りとってみたりした、、、)

しかしダイビングはできない。スマートフォン防水ケースはあくまで防滴レベル、水深10メートルまで潜ることは想定されていない。 いまアクションカムを買わないと、記録に残すことができない。

というわけで、買うことにした。

まず買おうと思ったのは、信頼のXiaomiのサブブランドから出ているYi Action Cameraだったんだけど、カメラだけで1万円オーバーな上に防水ケースをつければさらに高くなってしまう。 また、日程の都合Aliexpressで買ってもダイビングに間に合わないため並行輸入業者から買う必要があり、さらに割高になってしまう。

そこでもっと安くていいのないかなと思って調べてみると、EKENというブランドのアクションカメラが安い上に防水ケースなどオプションが標準でついてきていいよということを知った。 EKENがAmazon.co.jpに出店しており、並行輸入業者の中間マージンもない。 エントリーモデルのH9sというのがオプション全部込みなのに6000円弱という価格で買える。(直感的じゃないが、数字が小さいほどハイエンドモデルのようだった。)

H9sとH9Rというのがあるんだけど、違いはよくわからない。H9sはスマートフォンと接続してライブストリーミング配信ができ、H9rはできないっぽいけど、確証はない。

EKENはドローンで言うHolystoneみたいな新興だけど信頼性もあるブランドらしい。 Amazonでレビューを書くと粗品(32GBのMicroSD)進呈というのもHolystoneそっくり。 最近の中国系新興ハードウェアメーカーでは定番の手口になっているようだ。

最近全然とばせてないなー。

性能に関して言うと、4Kとは銘打っているものの4Kだと25fpsの動画しかとれないし、事実上はFullHD撮影用というイメージ。うちにそもそも4Kディスプレイなんてないし、、。 また手ぶれ補正が一切ついていないという難点はある。 でも、この値段なら海中で壊れてもそれほどダメージもないし、もっといいのが欲しくなったらメルカリで売ればいい。

余談だが、メルカリは「フリマアプリ」というけれども、実はフリマとはちょっと違う気がしている。DMMレンタル的なのをP2Pでやっているイメージだろうか、必要なものを必要なときに買って、必要じゃなくなったら売るというサイクルは今までのフリマにはなかっただろう。

話がそれてしまったので、H9sの話に戻る。 充実の付属品がこれ。

f:id:k5trismegistus:20180908184151j:plain

30mまで潜れる防水ケース、リモコン、自転車・バイク用マウンターなんかが付属している。粘着シート付きの台座もあり、車載動画もとれそう。 ただ、体に装着するストラップはついていないのでスキーとかで使うならちょっと考えないとなー。

実際の撮影結果をみてみるとこんな感じ。そもそも海が沖縄とか透明な海じゃないので、写真がやたら緑。。

はじめてのダイビングだったんだけど、結構スムーズに呼吸も耳抜きもできて楽しめた。海の中で写真や動画を取れるっていうのがすごい楽しい。

  • 陸上から撮った海

f:id:k5trismegistus:20180908185716j:plain

f:id:k5trismegistus:20180908190008j:plain

  • タイの仲間の魚群(上がってから教えてもらったけど名前忘れてしまった)

f:id:k5trismegistus:20180908194927j:plain

動画の方は、YouTubeにあげてみた。ブンブンハローユーチューブ。

youtu.be

youtu.be

陸上でとったやつはまぁまぁきれいなので、海の透明度が悪いようだ。この写真をのせてネガキャンになっていないか心配。 また、動画は再エンコードがかかってしまったせいか、YouTubeにアップしたら手元の動画よりさらに見づらくなってしまった。

今後、アウトドアできれいな動画がとれたらまたおみせしようと思います。。


ちなみに、この記事のタイトルはレニ・リーフェンシュタールの映画からとりました。

ワンダー・アンダー・ウォーター 原色の海 [DVD]

ワンダー・アンダー・ウォーター 原色の海 [DVD]

ふとつながった話

最近、会社としてどういう方向をとるべきか雑談しているときに

「すごい人材を高い給料で雇って、その人達を並べて革新的でとてもすごいことをやる」

vs

「そこそこの人材を安くあつめて、システマチックにちょっとだけすごいことやる」

どちらがよいのかというような話になっていた。

昔の読売ジャイアンツビリー・ビーン指揮下のアスレチックスを目指すかどっちかな?という話に近いかもしれない。

後者のほうがどうしてそれで儲けられるのかイメージがついていなかったんだけど、ふとTwitterを眺めているときにわかった。

万が一僕の感受性の問題だったら申し訳ないんですが、これいわゆるITを生業にしている人だったら「だから何」という感じだと思うんですね。 車が塀に突っ込んでるのを見て、「原因はブレーキをかけなかったか曲がりきれないほどスピードを出していたことかもしれない」みたいな、免許持ってる人なら見りゃわかるじゃんという程度の話である。

でも、「パーミッション」とか横文字を使っているしITを生業にしていない人は結構これをみてもわからないんじゃないかと思う。 その世界にいる人にとっては当たり前の話だけど、そうじゃない人には当たり前じゃない。

それを違う世界に持ち出すだけで、「おおっ!何言ってるかわからないけどなんかすごい!」とか「(ホントはこのツイートをみてからググって初めて知ったんだけど)あーわかるわかる」とリツイートやお気に入りがじゃんじゃかついて、自己顕示欲が満たせるという仕組みだ。

(偶然めについてしまったので取り上げてるけど、この人フォローしているわけでもないしもとからしっていたわけでもないです。また個人攻撃をする意図はまったくありません。)

「そこそこの人材を安くあつめて、システマチックにちょっとだけすごいことやる」

というのも、ある世界ではそこまでじゃない人たちでも、その世界での知見がまだもたらされていないフロンティアに輸出すればそのフロンティアではとても貴重な存在となりうる。

異国の地で忍者教室をやるというのもきっとそういう話で、別に教えている人がすごい忍者なわけじゃない(すごい忍者ってなんだろう)けれども、その国には他に一人も忍者がいないからその先生は「かけがえのない、唯一無二の忍者」になるわけである。

アブダビで忍者教室をやるような経営、というふうに言ってくれればわかりやすかったかもしれない。


すごい具体的な例を挙げると、Wordpressで簡単なお店のサイト構築で10万円とるとかまさしくそういう話だと思うんですね。 スタティックなサイトでメールフォームがひとつあるくらいの規模なら、なれてれば1日で3つくらいつくれるんじゃないだろうか。

これぞアブダビ忍者経営だと思う。

8/27-9/2のアンテナ

自律走行車が「話す」ことを学べば、交通はもっとスムーズになる

wired.jp

自動運転が最も進化を発揮するのはすべての車が自動運転になったときであるが、ある日急にそうなるわけではない。 人の運転する車と自動運転の車が入り交じる過渡期があって、徐々にそうなっていく。

このとき、人間の運転する車の社会に最初に入り込んだ自動運転車がどう受け入れられるかというのは重要。 最初の印象が悪いと過渡期はどんどん長くなる。 技術進歩も停滞するし、人間の運転で起きる事故の犠牲者も減らない。

実際自分で運転するようになって、他の車の意図がわからないのが辛い。車線変更しようとした時、後ろにいるのが絶対いれさせたくないDQNなのかやさしい人なのか判断するすべがほとんどない。 せめていうと、車種をみるくらい。

この意志を伝えられる自動運転車が自分の意図を伝えるだけじゃなくて、他の人間が運転する車の意図をくんで他の人に伝えられるようになったらなおよいのでは? そうすれば、多くの車の中にほんの少数「意志を伝えられる車」を混ぜると交通がスムーズになるといったこともありえるんじゃないだろうか。

世界規模で成長するアダルトゲーム市場、次なる舞台はVR

wired.jp

資本主義といっても、友情とか性といった私秘性の高い領域というのはお金では買いづらいし、買うことも良いことではないという価値観がある。 金で何でも買えるというのは冷たい社会のようでいて平等主義的だし、努力すればいろいろなものが手に入るという面では封建制・階級社会よりも良い社会であるように思う。

(その点で共感経済のような考え方は時代を巻き戻そうとしているように見える。見た目の良し悪しや子供の頃のしつけといった要素の重要性が金権社会より増してしまうから)

その点、性というのはまだまだ民主化が進んでいない領域でもあるといえ、そこでの「飢えるもの」を救済する試みというのは結構社会的の意義の大きい仕事なのではないかと感じた。

VR/MRとかいうと、既得権益者からはまがい物じゃないか笑と言われると思うけれども、そのうちコンビニスイーツみたいに本物とそこまで遜色がない体験が得られるようになっていくんじゃないだろうか。

※ コンビニスイーツ=そこそこ美味しいものを日本中どこでも変えるようにした、これは食の民主化といってもいい。 詳細は

k5trismegistus.hatenablog.com

FIAT pandaにのった

二週間前に書いていた記事を公開し忘れていました。。

500が一ヶ月点検だということで、はじめて高速を運転してディーラーに持っていきました。(母方の実家近くのディーラーで買ったのです)

走行中ギアが抜ける現象はさすがにまだ経験していないですが、ニュートラルからギアを入れようとしても入らないという現象が起きているので、それをちょっと確認してもらって。 これは故障ではなく、「ブレーキを踏みながらじゃないと変速しない」というのを破ったからだったようです。 止まってるときでも、ブレーキを踏みながらじゃないと変速させてくれないのです。

というわけで、点検は何も問題なく終了しました。

で、問題は点検中です。

点検の代車がpandaでした。

f:id:k5trismegistus:20180902114805j:plain

実はディーラーにいって実車を体験するまで、自分以外の家族は500はちっちゃすぎるからだめ、5人乗れるpandaにしろという意見を持っていました。実際500に乗ってみたら家族3人のっても平気だったので、500になったという経緯があります。

まず思ったのがエンジンがツインエアでパワフルだなーというところ。僕が持っている500のエンジンはNAのほうなのですが、こんな体感してわかるのかと思いました。 騒音は確かにうるさいし振動も大きいんですが、加速感がまったく違いますね。 また、ハンドルも不思議と扱いやすくて、ホイールベースが同じなのに500よりも直進安定性が高く感じました。

扱い安さは圧倒的にpandaのほうがよかったです。これ以上運転していたら500が霞んで見えてしまう!と思って家族に代わってもらいました。笑

が、その一方でこれは売れねーだろうなと思いました。

さすがにあの内装・装備は厳しいだろうなぁ、、、とも。価格としては500よりちょっと安いですが、国産の安物コンパクトカーと比べたら高め。 それなのにオーディオは20年前の車かな?と思うようなものだったり、後部座席窓の開閉は手動だったり。内装も高級感を感じさせるようなものはないです。 外観はちょっと個性的でいいかもしれないですが、より安くて快適で装備が充実した国産コンパクトカーではなくこっちを選ぶほどじゃないんじゃないでしょうか。

ベースは500と同じなので、荷物が入る量もぶっちゃけ同じくらいだと思います。

運転席に乗って目に入る光景が、500だとオレンジのパネルに白い革張りのハンドル、メーターもなんかいい感じです。pandaだと、サンバーバンとかああいう商用軽自動車みたいな感じ。

www.instagram.com (ぼくのInstagramです)

Pandaはこんなの f:id:k5trismegistus:20180902115100j:plain

自動車に詳しい人のレビューを見ると、走りは結構いいらしいですね。 なので、もちろん気に入って買う人はいると思うんですが採算がとれるほど売れる人気がでるとはとても思えないです。

イタリアではpandaが一番売れているとはいうけど、それは日本でNなんちゃらとかワゴンRとかそういうのが売れているのと同じ理由で売れているのでしょう。500とか595みたいな趣味性の高い売れ方をしているわけではないはずです。

本国というかヨーロッパの価格だと500とpandaは結構違っていて、pandaはアフォーダブルな実用車・500は趣味性の高いオシャレ車という棲み分けができています。 でも、日本だとなぜか500とpandaの値段がほぼ一緒。(500はかなり割安?)

これ売れてるのかなぁと心配になってしまいました。

pandaよりは、500Lを導入したほうが戦略としては良かったんじゃないかなぁ、と思いました。

f:id:k5trismegistus:20180902114613j:plain