P2P技術が15年前に遭遇した問題

diamond.jp

ブロックチェーンとマストドンには同じ問題があるんじゃないか?とふと思った。本の虫 マストドンが直面している問題はすでにP2P技術が15年前に遭遇した問題だ

マストドンは各インスタンスがつながっているインスタンスからのメッセージを購読しどんどんログが溜まっていく。ブロックチェーン、というかビットコインはすべてのトランザクションを各クライアントが保存したまっていく。まぁビットコインの場合はすべてのトランザクションを保存しないタイプの簡易型クライアントが主流だという意見もあるだろうが、一定数すべてのトランザクションを保存するクライアントが存在していないと正しい合理形成が行えなくなる。

(極端な例をあげれば1台のサーバーしかすべてのトランザクションを保存しなくなったら、そのサーバーの管理者がやりたい放題歴史を改ざんできることになる。51%問題どころの話ではない。)

データがどんどんたまっていく以上にストレージ技術が進化すればいいんだけれども、現実ストレージ技術が進化するよりもデータ増加速度のほうが上回っているだろう。ちらっと調べた結果、ビットコインのブロックチェーンは年間50TBくらいの勢いで増える可能性があるらしい。(ホンマか?)

そうなってくると100GBくらいしかストレージがないスマホや1TBくらいしかストレージがない市販PCからビットコイン取引を行う一般ピーポーは簡易型クライアントを選ばざるを得なくなる。「信用できる」サーバーに保存されているブロックチェーンに頼ることにある。

ブロックチェーンの容量が増えれば増えるほど、世界から完全型のクライアントは消えて「信用できる」少数のブロックチェーンのストレージが生まれる。しかし、それは「お互いに信用できない者だけでネットワークが構築されているのにProof of Workによって信用が形成される」というブロックチェーンの本質からはずれていないだろうか。またその少数の「信用できる」サーバーたちが裏で手を組み悪事を働いていたら?

これは先程リンクをったブログで述べられているストドンと同じような問題が生じる。

  1. 著作権侵害児童ポルノ、その他の違法なデータ(ドイツにおけるナチ党のシンボルなど)がネットワーク上に蔓延する
  2. ネットワークに参加するノードがキャッシュとしてデータを溜め込むためにネットワークに参加するための計算機、ストレージ、帯域などの資源が莫大になり、個人が参加しづらくなり、結果としてゲートウェイ経由での参加が増える

ビットコインの場合1は「悪意を持ったマイナーが作った偽の歴史を持つブロックチェーン」になるだろうか。

この2つの問題について、マストドンの場合に提案されている解決策は次のよう。

さて、問題1.に対処するには、有人の検閲を設置するしかない。有人の検閲を設置するには、結局企業としての資本や雇用が必要だ。企業による支配から脱却することを目指しているマストドンとしては皮肉なことに、企業が必要になる。自分のインスタンス内のデータの適法性については十分な資本と労力さえかければ検閲できるが、よそのインスタンスのデータはどうしようもない。すると、外から内へのリモートフォローは無効化せざるを得ない。

問題2.に対処するには、強力なインフラが必要だ。大規模なデータセンター、ストレージ、トラフィックを提供する必要がある。これにも、企業による資本が必要だ。ネットワークの規模が大きくなっていくと、これまた皮肉なことに個人ではその規模のインフラを提供できず、企業には勝てない。そして、規模が大きくなっていくと、すべてを無制限にスクレイピングできるAPIを外部に提供することがパフォーマンス上難しくなっていくだろう。そこで、内から外へのリモートフォローも無効化せざるを得ない。

ビットコインの場合も同様で、「各マイナーが正しくマイニングしているかチェックする中央サーバー」が必要になるし、「マイニングに参加できるのは大規模なデータセンター、ストレージを持つ」ものだけに限られてしまう。

結局、どちらもみんなが対等で中央のないネットワークは遠かれ少なかれ破綻するであろう。世の中には「収穫逓増の法則」があるのだ。

昨今のマストドン騒動、マストドンじたいには全然興味がなかったけど、分散ネットワークについて考えるいい機会になったと思う。

これは読みたい。

4/17~4/23のアンテナ

ニュース

jp.techcrunch.com

6月頭、ちょっと用があってシアトルにいくのでついでに見てこようかなぁと。 シアトルに行く用事とは、、ご想像におまかせします。

http://blog.leomiyanaga.com/thoughts/seattle-marijuana

(4/17)

wired.jp

若者が新聞・テレビから離れているというが、プラットフォーム自体が飽きられているわけではないとはよくいわれる。視聴率が下がったとはいえ、数年に一回流行るドラマも出るし…。

かといって若者向けにコンテンツを作ったところでCMがとれないとかいろいろあるのだろうか。

(4/21)

www.dhbr.net

単に病院ごとのカルテ管理をやめて中央サーバーでカルテ管理をするのとは何が違うんだろうか…?ブロックチェーンにする意味がわからない。でも記事の最後の方に

MedRecは医療記録を保存せず、現行の業務の変更も必要としない。ブロックチェーン上の記録の署名を保存し、患者に通知する。記録がどこに渡ってよいかを最終的にコントロールするのは患者だ。

とあり、これは気になる。もう少し掘り下げてみよう。

(4/21)

4/10~4/16のアンテナ

今週読んでいた本

「柔らかい個人主義の誕生」

人間にとって最大の不幸は、もちろん、この物質的欲望さへ満足されないことであるが、その次の不幸は、欲望が無限にあることではなくて、それがあまりに簡単に満足されてしまふことである。

:naruhodo:

柔らかい個人主義の誕生―消費社会の美学 (中公文庫)

柔らかい個人主義の誕生―消費社会の美学 (中公文庫)

「"帝国"をめぐる五つの講義」

“帝国”をめぐる五つの講義

“帝国”をめぐる五つの講義

ニュース

セブン・マック…、これが「FC店増減」の全貌だ

toyokeizai.net

ブックオフフランチャイズ制だったとは初めて知った。。

ファミリーマートはよくフランチャイズに「斥候」として出店させうまくいっていたら目の前に直営店を出して利益を奪っていくといわれるが…。直営店で儲けるメリットってあるのだろうか。

直営店を出す意味って、PB商品のテストとかそういう研究開発系にある気がする。FCからの上納金よりは儲かるのかもしれないけど、儲けるために直営店を出しても微々たるものしか出ないんじゃないかなぁ。

(4/10)

フィンテックで何が起こるか知っていますか

toyokeizai.net

ここ最近、急激に銀行のサービス改善が進んでいる気がする。(しませんか?)かつてはATM利用料無料サービスなんてセブン銀行とかSBIネット銀行のような新興かつ実店舗をもたない銀行にしかなかったのに、今ではメガバンク当たり前のように始めている。デビットカードだって前はスルガ銀行楽天銀行かしか選択肢がなかったのに。

これまでは金融業界は新規参入も少なく、テクノロジー競争にさらされることもなかった。けどそこにテクノロジー業界の風が吹き込もうという状況が、焦りを生んでいるのかもしれない。

なんにせよ、ATM手数料で稼ぐというせこい商売をやめてお金を流れやすくするという金融の本質にたちかえっているのはよいことですね。

(4/11)

ブロックチェーンは金融サービスをどう変えているのか

www.dhbr.net

はじめにいうと、僕はブロックチェーン技術が通貨発行以外で活かせるとはおもってない。この前参加した勉強会では、リース機器の管理などにも使えるかも?みたいな話があった。でも、ブロックチェーンを使ったところで実際のリースが行われてないのに嘘のトランザクションがあるみたいな状況は防げない。「トランザクションそのもの」に価値がある場合にしか使えないでしょう。

すでに現在、ICOの強固なパイプラインが存在する。たとえばCosmosは、世界中のあらゆるブロックチェーンをつなげる統合技術だ

これって要するにポイント交換(楽天ポイントANAマイルに変えてTポイントに移すみたいな)のがリアルタイムに行われて、暗号通貨Aを持っている人が暗号通貨Aでの決済に対応していないところでも、支払いと同時に勝手に暗号通貨A→暗号通貨Bへの交換が行われて支払われる、みたいな?

ビットコインの信用力は「中央」が存在しないことによって生まれているわけだけど、「ブロックチェーンスタートアップ」の発行する新しい暗号通貨はそのスタートアップ企業が価値の裏付けになっていないか。ほとんどがすぐ潰れるスタートアップ企業が価値を保証する通貨なんて、存在意味あるだろうか?既存の国が発行する通貨とビットコインの悪いとこどりみたいに聞こえる。

(4/13)

「テックというユートピア思想」がもたらした「トランプというディストピア

wired.jp

ハッカー倫理って読む限りでは弱者道徳だ。

コンピューターへのアクセスは無制限かつ全面的でなければならない。 情報はすべて自由に利用できなければならない。 権威を信用するな──反中央集権を進めよう。 芸術や美をコンピューターでつくり出すことは可能である。 コンピューターは人生をいいほうに変えうる。

既存の社会に適合できなかったがゆえのルサンチマンが根底にある。

だからハッカー文化は独善的で、「自分たちのが最先端にいる、ついてこられない人間は時代遅れ」という意識があるんだと思う。

(4/13)

なぜ地方都市に「TSUTAYA図書館」が次々とつくられているのか?

gendai.ismedia.jp

たしかに分類や蓄積を軽視することで、それらの図書館は叩かれることもある。だがそれは、大都市の住人の身勝手な批判ともいえる。書店を失い多様な本に触れるチャンネルが減っている地方都市で、さまざまな書籍を素早く展示しストックする図書館の存在は、切実な意味を担い始めているのである。

図書館に限らず、これ。イオンだってロードサイド店舗だってそれがなくなってしまったら地方での暮らしは成り立たなくなってしまう。

↑の記事から引用だが

近所に高級スーパー「ホールフーズ・マーケット」があるなら。家族に、軍ではたらく人がいないなら。時給ではなく、年俸をもらっているなら。知り合いがほとんど大卒なら。覚せい剤を使っている知り合いがいないなら。離婚歴がないなら。犯罪歴のある米国人6,500万人のなかのひとりでないなら。もしこのすべて、あるいは一部に当てはまるとしたら、あなたはいま起きている問題に気づいておらず、問題の一端を担っている可能性があるということを認めるべきです。

イオンモールを必要としない暮らしをしているのなら、あなたはいま起きている問題に気づいておらず、問題の一端を担っている可能性があるということを認めるべきです。 (4/14)

エンジニア一年目、役に立った本そうでもなかった本

フルタイムのエンジニアとして働き始めて一年、いちおう技術書を読んできた。どんな本を読んできたか振り返る意味で、これは役に立った、これはそうでもなかったということを記録しておこうと思う。

前提として、自分はコンピューターサイエンスを学んできたわけでもなく、中学生からプログラミングをやっていたわけでもないいわゆる「文系プログラマー」に近い存在。一応工学部システム創成学科というところを出ているけど。プログラムをまともに書いたのは大学院に上がってからというくらい。それ以降は週一でRails開発のバイトをしていた。

現職でも主にRailsで、基本的に開発に使うのはRubyばかり。あとは一応趣味?というか後学のためにKotlinでAndroidアプリやReact+Reduxで習作を作ってるくらい。

基本的に良さげな本を選んで読んでいるので、良かった本のほうが多い。多いので、一応種別ごとに分けて書いた。

続きを読む

4/3~4/9のアンテナ

今週読んでいた本

「柔らかい個人主義の誕生」

柔らかい個人主義の誕生―消費社会の美学 (中公文庫)

柔らかい個人主義の誕生―消費社会の美学 (中公文庫)

続きを読む

スタブとモックの違い

Qiitaにも同じのを投稿しました

スタブとモックの違い

オブジェクト指向設計実践入門を読んで学んだことのまとめです。 具体的にRspecでモックを書くときはこうしましょう、といった具体的な話ではなく言葉の意味の説明がメインです。

続きを読む

マダム・エドワルダについての発見

Workflowyに残っていたものをサルベージし、加筆修正を加えて公開する企画第一弾。多分書いたの夏頃だと思う。 最近考えたこととかちゃんとアウトプットしてないなぁと思い、心機一転頑張ることにしたい。

では、スタート。

続きを読む