読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

P2P技術が15年前に遭遇した問題

diamond.jp ブロックチェーンとマストドンには同じ問題があるんじゃないか?とふと思った。本の虫 マストドンが直面している問題はすでにP2P技術が15年前に遭遇した問題だ マストドンは各インスタンスがつながっているインスタンスからのメッセージを購読し…

4/17~4/23のアンテナ

ニュース jp.techcrunch.com 6月頭、ちょっと用があってシアトルにいくのでついでに見てこようかなぁと。 シアトルに行く用事とは、、ご想像におまかせします。 http://blog.leomiyanaga.com/thoughts/seattle-marijuana (4/17) wired.jp 若者が新聞・テレビ…

4/10~4/16のアンテナ

今週読んでいた本 「柔らかい個人主義の誕生」 人間にとって最大の不幸は、もちろん、この物質的欲望さへ満足されないことであるが、その次の不幸は、欲望が無限にあることではなくて、それがあまりに簡単に満足されてしまふことである。 :naruhodo: 柔らか…

エンジニア一年目、役に立った本そうでもなかった本

フルタイムのエンジニアとして働き始めて一年、いちおう技術書を読んできた。どんな本を読んできたか振り返る意味で、これは役に立った、これはそうでもなかったということを記録しておこうと思う。 前提として、自分はコンピューターサイエンスを学んできた…

4/3~4/9のアンテナ

今週読んでいた本 「柔らかい個人主義の誕生」 柔らかい個人主義の誕生―消費社会の美学 (中公文庫)作者: 山崎正和出版社/メーカー: 中央公論社発売日: 1987/03/10メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 38回この商品を含むブログ (25件) を見る

スタブとモックの違い

Qiitaにも同じのを投稿しました スタブとモックの違い オブジェクト指向設計実践入門を読んで学んだことのまとめです。 具体的にRspecでモックを書くときはこうしましょう、といった具体的な話ではなく言葉の意味の説明がメインです。

マダム・エドワルダについての発見

Workflowyに残っていたものをサルベージし、加筆修正を加えて公開する企画第一弾。多分書いたの夏頃だと思う。 最近考えたこととかちゃんとアウトプットしてないなぁと思い、心機一転頑張ることにしたい。 では、スタート。

「ITエンジニアのためのデータベース再入門」 第4章 DBMSの内部構造

(リレーショナル理論とかは飛ばして、まず内部構造の部分からノート。) 第4章 DBMSの内部構造 現代のRDBMSは与えられたSQLからアクセスするデータ量、データの分布、インデックスやパーティショニングの有無などから自動的にデータ取得アルゴリズムを決定す…

3/27~4/2のアンテナ

はてなブログにURLを貼り付けるとOGP埋め込みできるということを知った。というわけで今週からフォーマットを変更〜 今週読んでいた本 「第四の消費」 第四の消費 つながりを生み出す社会へ (朝日新書)作者: 三浦展出版社/メーカー: 朝日新聞出版発売日: 201…

「オブジェクト指向設計実践ガイド」 第9章 費用対効果の高いテストを設計する

第9章 費用対効果の高いテストを設計する 変更可能なコードを書くのに必要な3つのスキル オブジェクト指向設計の理解 リファクタリングのスキル テスト設計のスキル ※リファクタリングとはコードの機能を変更せずに内部構造を変えること オブジェクト指向設…

「オブジェクト指向設計実践ガイド」 第8章 コンポジションでオブジェクトを組み合わせる

第8章 コンポジションでオブジェクトを組み合わせる 単一の責任を持ったオブジェクトを複雑な全体へと組み合わせることによりアプリケーションは作られる。 より大きい部分が部品を持つという関係でオブジェクトは関連付けられる。そして、それぞれはインタ…

「オブジェクト指向設計実践ガイド」 第7章 モジュールでロールの振る舞いを共有する

第7章 モジュールでロールの振る舞いを共有する 継承はクラスの継承のみにとどまらない。Rubyのモジュールを使い振る舞いを共有させることが可能である。 オブジェクト指向設計実践ガイド ?Rubyでわかる 進化しつづける柔軟なアプリケーションの育て方作者: …

3/20~3/26のアンテナ

今週読んでいた本 「レイヤー化する世界」世界みんなコスプレイヤーになっちゃうっていう説(嘘) レイヤー化する世界 テクノロジーとの共犯関係が始まる (NHK出版新書)作者: 佐々木俊尚出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2013/06/05メディア: 新書この商品を含…

The Inevitable(<インターネット>の次に来るもの)

書誌情報 タイトル: 『<インターネット>の次に来るもの 未来を決める12の法則』 著者: ケヴィン・ケリー 〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則作者: ケヴィン・ケリー,服部桂出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2016/07/23メディア: 単行本…

「オブジェクト指向設計実践ガイド」 第6章 継承によって振る舞いを獲得する

第6章 継承によって振る舞いを獲得する よいアプリケーションの設計とは、再利用可能なコードによって構成されていること。このためにこれまでは コンテキストを最小限にする 明確なインターフェースを定義する -依存オブジェクトを外部から注入する といっ…

「オブジェクト指向設計実践ガイド」 第5章 ダックタイピングでコストを削減する

第5章 ダックタイピングでコストを削減する ダックタイピングとは、暗黙的なパブリックインターフェース。オブジェクトの振る舞いは、コードとして存在する明示的なインターフェースではなく、「どのメッセージに応答するか」という暗黙的なインターフェース…

3/13~3/19のアンテナ

今週読んでいた本 「通貨で読み解く世界経済」 米ドルは金との交換が停止されたことによって流動性が高まり、基軸通貨としての立場を確立できたっていうのが面白い話だなぁと思った。 通貨で読み解く世界経済―ドル、ユーロ、人民元、そして円 (中公新書)作者…

「オブジェクト指向設計実践ガイド」 第4章 柔軟なインターフェースをつくる

第4章 柔軟なインターフェースをつくる オブジェクト指向アプリケーション≠クラスの集まり。オブジェクト指向アプリケーションはクラスから成り立つが、メッセージによって定義される。このメッセージのやりとりはインターフェースを介して行われる。 オブジ…

「オブジェクト指向設計実践ガイド」 第3章 依存関係を管理する

第3章 依存関係を管理する メッセージを受け取ったオブジェクトに望まれる振る舞いは、オブジェクト自身が知っている・継承している・そのメッセージを理解するほかのオブジェクトを知っている、のいずれか。この章では、最後について注目する。 前章で、適…

ロック座探訪

まえから行ってみたいと思っていた、浅草ロック座に行ってきた。(リンク先18歳未満閲覧禁止) ストリップ劇場というやつですね。 はじめて行こうと思い立ったのがちょうど一年前くらい。しかしそのときは閉館期間になっており残念ながら訪れることができなか…

「オブジェクト指向設計実践ガイド」 第2章 単一責任のクラスを設計する

第2章 単一責任のクラスを設計する メッセージに注目する前に、クラスに注目してみる。 オブジェクト指向設計実践ガイド ?Rubyでわかる 進化しつづける柔軟なアプリケーションの育て方作者: Sandi Metz出版社/メーカー: 技術評論社発売日: 2016/09/02メディ…

「オブジェクト指向設計実践ガイド」 第1章 オブジェクト指向設計

第一章 オブジェクト指向設計 オブジェクト指向の本質: 世界をオブジェクト間でのメッセージが受け渡しの連続としてモデリングすること 「手続き」をオブジェクトの中に隠蔽し、表面から「手続き」を見えないようにする。表面から見えるのはオブジェクトがメ…

3/6~3/12のアンテナ

今週読んでいた本 「通貨で読み解く世界経済」 通貨で読み解く世界経済―ドル、ユーロ、人民元、そして円 (中公新書)作者: 小林正宏,中林伸一出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2010/07メディア: 新書購入: 9人 クリック: 119回この商品を含むブログ (14…

2/27~3/5のアンテナ

今週読んでいた本 ブックオフで新書本をまとめ買いしたのを読んでいる。 「金融入門」 金融入門 (日経文庫)作者: 日本経済新聞社出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社発売日: 2014/03/15メディア: 新書この商品を含むブログを見る 「通貨で読み解く世界経済…

2/20~2/26のアンテナ

今週読んでいた本 「インターネットの次に来るもの」 再読中。 〈インターネット〉の次に来るもの―未来を決める12の法則作者: ケヴィン・ケリー,服部桂出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2016/07/23メディア: 単行本この商品を含むブログ (10件) を見る 「WIR…

2/13~2/19のアンテナ

今週読んでいた本 「ポジティブチェンジ」 結構おもしろい。読んで損はないと思う。 ポジティブ・チェンジ作者: メンタリストDaiGo出版社/メーカー: 日本文芸社発売日: 2016/02/06メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る はてなブログ、Amazon商…

bloggerから移転してみた

これまで5年ほど、ずっとGoogle bloggerにてブログを書いてきた。 当時はパソコン=ブラウザ&メディアプレーヤー&ゲーム機でしかなかった。 なので別にリッチテキストエディタは当たり前だったし、とりあえずかければいいや的な感じではじめたものでもあっ…

2/6~2/12のアンテナ

今週読んでいた本「マインドフルネス瞑想入門」 心を鍛える必要があるなぁと思って今週見た映画なし生産性向上を個人に押し付ける「働き方改革」の矛盾...寝る時間も惜しんで仕事をしたい人もいる。その代表例がクリエイターで、一流のクリエイターはおおむ…

1/30~2/5のアンテナ

今週読んでいた本「ビットコインとブロックチェーン:暗号通貨を支える技術」各国語翻訳のpdfが無料で読める。(リンク)まぁ自分は書き込みながら読むので電子書籍は使わないけど。今週見た映画なしこのブログに広告を導入した実際には先週のことになるが、ア…

ビットコインで悪いことしましョ!

最近個人的なホットトピックはやっぱりブロックチェーン。 「ビットコインとブロックチェーン:暗号通貨を支える技術」という本で勉強している。ビットコインのことを知ると、お金に対する理解も深まる。 ビットコインでは、(マイニングされたものを覗いたら)…

モジュールの特異メソッドを上書きする、しかもローカル変数を使って。

Qiitaにも投稿してます→ http://qiita.com/k5trismegistus/items/872d94c19dfd5d54d263 TL;DR モジュールFooに定義した特異メソッドbarを上書きしたい場合は、 Foo.module_exec do define_singleton_method(:hoge) do 'overriden' endend とすればよい。また…

Xiaomi mipad2のroot化

適当に最新のSuperSU(v2.79)を焼いたら起動しなくなった。どうやら特定のバージョンじゃないとだめらしい。MiPad2-SuperSU-v2.46.zipこいつを焼けばOK。Androidの広告ブロック事情、adguardとかroot化しなくても広告ブロック可能なソリューションは出てきて…

1/23~1/29 のアンテナ

今週読んでいた本「われら勝ち得し世界」最近歩に読むペースがやばいなぁ…今週見た映画 なし増えるハリウッド映画の超アップ、そのわけは周辺技術によってコンテンツの質が変化していくというのは面白いなぁと思う。今のポップス曲はだいたい4分くらいのもの…

mipad2のPlay storeで963エラーが出るときは

X89で懲りて、Windowsタブレットは使い物にならないということを学んだ。やはりモバイルにはモバイル用のUIが必要だ、というわけで、今度はAndroidタブレットのXiaomi mipad2を買ってしまった。すでに発売から随分たっているし、安価な16GBモデルにしたので1…

ソフト・アンド・ウェット

最近お金の話にすごい興味がある。ついこの間まで読んでいた「貨幣の『新』世界史」はなかなかおもしろかった。お金の起源は物々交換を円滑にすすめるためのトークンであるという「ハード」的な考え方とお金の起源は相手に負債があることを示す手形のような…

親密さの病

最近読んでいる「われら勝ち得し世界」のサブタイトルは「セクシュアリティの歴史と親密性の倫理」というものである。この本はかつては不可分であった性・愛・家族がそれぞれ独立したシステムとして分離し、それぞれが多様な形態を獲得しつつある歴史を肯定…

腸粉の謎

先週、また中国に行ってきた。といっても本土ではなく香港と澳門、両特別行政区である。基本的に、自分にとっては中国で食べる現地の食べ物より、日本で日本風に改変された中華料理のほうがおいしい。パクチーに代表される、クサい食べ物が苦手なので…。香港…

1/16~1/22のアンテナ

今週は一週間休みなので、こちらもおやすみニュースを全くといっていいくらい見てないので…

1/9~1/15のアンテナ

今週読んでいた本「われら勝ち得し世界―セクシュアリティの歴史と親密性の倫理」 暗がりでも読み取れるバーコードスキャナー「Scandit」が750万ドルをAtomicoから調達今回例に上がっているPOS端末のように、「専用端末」というのは消え行く運命なのかもしれ…

1/2~1/8のアンテナ

新年あけましておめでとうございます。今週見た映画「ローグ・ワン」3D、MX4D両方初体験。3Dは正直画面も暗くなるし大して立体感もないしでいらない。3DなしのMX4Dがあればいいのにーと思った。にしても、ディズニースターウォーズはキャラクターに魅力がな…

12/26~1/1のアンテナ

今週読んでいた本「インターネットの次に来るもの」続き。今週見た映画「スターウォーズ EP1 ファントム・メナス」「スターウォーズ EP2 クローンの攻撃」「スターウォーズ EP3 シスの復讐」久しぶりに見ると面白いなー。でも比較しちゃうと、「フォースの覚…

この世界の片隅に

各所で、特にtwitterで斎藤環さんによって絶賛されているので気になってしょうがなかった。というわけで生まれてはじめて一人で映画館デビューしてきた。空襲のシーンなども後半出てくるが、最初の方は食料がない中雑草を工夫して料理する様子や着物を仕立て…

12/19~12/25のアンテナ

今週読んでいた本「インターネットの次に来るもの」「テクニウム」に続くケヴィン・ケリーの本。全12章のうちまだ最初の4章なんだけれども、章によってできが違う感じ。3章の"FLOWING"はほうほうという感じだったけど、4章の"SCREENING"はちょっと80年代の未…

12/12~12/18のアンテナ

今週読んでいた本「WIRED Vol.26 WIRED TV」VRは共感を生み出すのか?みたいなテーマがよかった。VRによってよりリアルに「世界で起きている悲劇」を伝えることにより、「豊かな人々」の「社会的意識」を高めることはできるだろう。しかしそれは「取材された…

12/5~12/11のアンテナ

神戸新聞NEXT|社会|「鈴木商店」復活あり得る? 関係者に聞く会社が存在する、とはいったいどういうことなんだろうか。「登記」っていまいちよくわからない…。書類上残っていたとしても、何らかの決裁を行う権限のある個人が存在しない限り、会社として存…

11/28~12/4のアンテナ

今週読んでた本「貨幣の「新」世界史」 紙幣の価値に不安が生まれると、お金を貯め込む人が増えるっていう例がおもしろいですね。貨幣を信用できなくなると、貨幣以外はそれ以上に信頼できなくなる、ゆえに貨幣への依存度が高まる…ということなんだろうか。…

11/21~11/27のアンテナ

今週読んでいた本「一神教と国家 イスラーム、キリスト教、ユダヤ教」 イスラム教におけるお金の考え方が載ってて、そこが興味深かった「貨幣の「新」世界史――ハンムラビ法典からビットコインまで」 まだ最初だけ。グーグルの翻訳AIが「独自の言語」を生み出…

11/14~11/20のアンテナ

今週見た映画 今週読んでいた本「雇用・利子および貨幣の一般理論」 今週は1ページも進んでないかも 「明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法」 2,3時間で読める東大 女子学生対象 家賃補助月額3万円 来春の入学生にたしかに東大の男女比…

11/7~11/13のアンテナ

今週見た映画 ない今週読んでいた本 「雇用・利子および貨幣の一般理論」トランプ大統領誕生は「数字」を見れば当たり前のことだったまぁ今週最大のニュースと言えばこれですよね。この記事も後出しだから書けるものだが、内容は非常にもっともだろう。事前…

10/31~11/6のアンテナ

今週見た映画「レオン」今週読んでいた本 「雇用・利子および貨幣の一般理論」のつづきプレステVRは、ポケGOより格段につまらないこれに関しては同意できないなー。第一にゲームに「まったく今までにない」を求める人ってそういないんじゃないかと思う。ゲー…