読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロック座探訪

まえから行ってみたいと思っていた、浅草ロック座に行ってきた。(リンク先18歳未満閲覧禁止) ストリップ劇場というやつですね。 はじめて行こうと思い立ったのがちょうど一年前くらい。しかしそのときは閉館期間になっており残念ながら訪れることができなか…

4日目新幹線~5日目無錫

中国四日目は朝から高鉄(中国版新幹線)で移動。深セン北から無錫駅まで。(深セン北駅から南京駅までをつなぐ路線)なんと13時間もかかる。もうすぐ北海道新幹線が開通するが、函館から博多まで9時間くらいらしいので、函館から博多まで行って博多から新横…

1日目香港~3日目深セン

香港の空港についたのが夜の10時くらい。これからエアポートエクスプレスにのって九龍駅まで行き、さらにタクシーでホテルまで。このホテルがとんでもないところだった。ビルの入り口は中東系の人たちがたむろし、(ホテルの客引き)中にはやはり中東系の人…

深セン探訪記

世界最大の電気街、だとか秋葉原の30倍、とかいろいろ言われているけど、実際深センとはどんなところなのだろうか?まずはじめにいってしまうと、「深セン」という単語はカテゴリー的に「秋葉原」とは異なるレベルの言葉で「東京」と同じようなレベルにある…

Xiaomi Redmi 2A(小米 紅米2A)は困った子

深センで騙されて?買わされたRedmi2Aなわけだが、こいつは各種Redmi 2シリーズ※の中でももっとも中国国内に特化されたバリエーションである。つまり日本に持ってきてもデジタルフォトフレーム機能付きペーパーウェイトくらいにしかならない。まぁちゃんと確…

人民手机事情

今回の中国旅行の目的の1つに、深センでSIMフリーのスマートフォンを買ってくるというものがあった。これまで海外に行くときは台湾は台北、獅子林ビルで買ったMTO MK399(参考: 智慧型手機 MK399 )というのを使っていたんだけど、さすがに2年たってバッテリ…

人民火車事情

中国に行ってきた。同じ研究室の中国人留学生がついてくれたので、ほとんど不自由なく快適な旅行だった。まず1人で香港に行き、その後広州まで行って留学生と合流し、深セン、無錫、蘇州、上海とまわっていくというプラン。※都市間移動はすべて電車である。※…

熱海秘宝館へようこそ 4

熱海秘宝館をイラストで振り返ってみたが、実は撮影可能エリアに展示品の写真が飾ってあった。つまり展示品そのものを撮影することは許可されていないが、展示品の写真を撮影することはできる。というわけで模範解答~。といっても、マリリン・モンローと幻…

熱海秘宝館へようこそ 3

熱海秘宝館には二人で訪れた。前半はひとつひとつじっくり見て感想を言い合ったりしていたんだけれども後半はボケーッと眺めているだけになってしまった。行けばわかるけれども、見てるだけで結構疲れるのであります。では、前回の続きから。 幻想の部屋のラ…

熱海秘宝館へようこそ 2

それでは、熱海秘宝館の思い出をイラストとともに振り返っていきたい。 熱海秘宝館の訪問者を最初に襲う大型展示は「おみくじ堂」である。100円とられる。ただでさえ入場料高いのに… 鳥居の向こうにお堂があり、その障子戸にはうっすらと人影が映っている。 …

熱海秘宝館へようこそ

日本に唯一現存する館名に「秘宝館」が入る秘宝館、熱海秘宝館へ行ってきた。ちなみに熱海秘宝館が日本唯一の秘宝館という人もいるけど、「秘宝館」というキーワードが入らない秘宝館はまだいくつか残っている。(淡路立川水仙郷の「ナゾのパラダイス」など…

パプリカ

ブダペストという街は不思議なところで第一印象こそヨーロッパの街なのだが、しばらくするとアジアの街のような気がしてきた。ショッピングモールの中には携帯屋がひしめき合い、地下街にも携帯屋がひしめき合い、町中にも携帯屋がひしめき合う…というほどで…

島風乗る人おしまかぜ

金土で伊勢に行ってきた。東京から名古屋までは新幹線、名古屋から伊勢(伊勢市or宇治山田)までは近鉄なのだが、往路では今話題の特急しまかぜを利用、しかも個室。のったのは和風の方。ボタンを押せば乗務員が飛んでくるのだ。伊勢といえば当然、伊勢神宮…

ひぐらしのなく頃に

この記事はひぐらしの里「日暮里」周辺、またはその延長線上に住んでいて、徒歩・自転車で東京大学本郷キャンパスに通学・通勤をする人のための記事である。本題に入る前に日暮里周辺の道事情について述べてみる。日暮里に限らずその周辺に住んでいると、山…

諏訪奇神譚異聞 番外

今使っているカメラは富士フィルムのX20。RX100と迷ったけれども、最終的にはファインダーが付いているということでこちらを選んだ。あんまり荷物を持ち歩きたくはないので、レンズ交換式カメラは今後も買うことはないだろうなぁ…。(買った当時はRX100シリ…

諏訪奇神譚異聞 下

さて、諏訪大社前宮と本宮の間には「神長官守矢史料館」というものがある。非常にこじんまりとしており、展示スペースは単身者アパート並みの面積しか無いのだが諏訪大社に行くのならば必ず立ち寄るべき。守谷家というのは建御名方神侵入前の諏訪の支配者で…

諏訪奇神譚異聞 上

「諏訪大社」と一言にいっても実は四カ所に分かれて存在している。湖を挟んで上社と下社、上社はさらに前宮と本宮、下社は春宮と秋宮で成り立っている。春宮と秋宮は割と近くだけれども、前宮と本宮は2kmほど離れている。春宮と秋宮は対等で、同じ神様が時期…

ヨーロッパの(割とどうでもいい)写真集

1.ウィーンこれはまったくもって謎ヴォティーフ教会の中でとった写真なぜフィギュアの方だけガラスケースにはいってるんでしょうね? この教会は外装工事中なんだけど、巨大な広告がついている。ネットからの転載だけど、僕がみたのはこれではなかったような…

その 海に浮かぶ街で…

ヴェネツィアにいってきた。(ホントはそれ以外もいろいろ回ってきたけど)タイトルからもわかるように、ARIAの影響が多分にあることは否定出来ない。ここは…ここちなみに、普段着ではあるけどこのポーズでも写真をとってきたり。設定上ARIAカンパニーがある…

食臭豆腐国旅行記 2

台湾で一番苦労したのは食事である。台湾の食べ物はおいしいから~なんて行く前はいろいろな人に言われたけど、まったくそんなことはなかった。というより、おいしいおいしくない以前に臭くて食べる気がなくなってしまうのである。代表的なものが臭豆腐で、…

食臭豆腐国旅行記 1

・獅子林ビル(公式ホームページがないのでWikipedia)地図:https://goo.gl/maps/JvHeS 外見は普通だし、一階には大企業(中華電信やソニーなど)のテナントも入っている一階にたくさんの携帯ショップが入っているビル。あまり珍しいものはない感じだけれど…

うまし うるわし 奈良

三泊四日の奈良京都旅行から帰ってきた。奈良京都旅行といっても、京都で行ったのは木嶋坐天照御魂神社(通称:蚕ノ社)だけであり、ほぼ奈良県しかまわっていない。また、到着初日はあまり時間がなく奈良市街のホテルから遠出できなかったため仕方なく春日…