読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザフェスVOL.40に行ってきた

感想/イベント類
スチームガーデンの際に強く行くことを勧められたので「デザインフェスタ」に行ってきた。
公式いわくアジア最大級のアートイベントであるが、即売会も兼ねていて展示されているものはほとんど買うことができる。ビッグサイトといえばコミックマーケットだがmデザフェスのほうはコミケットのように営利法人はダメとかいう制限もなく、むしろそういう人たちがメインのように思う。
小規模工房の見本市という側面がかなり強い気がする。
(そういえば以前芸大の学園祭に行った時、学生作品には連絡先がついているものが多かった。あれも就職活動の一環なのだろうか?)

ブースの自由度がかなり高いようで、こんなふうに小屋を立てているものもあれば、

その場で制作を行っているところもある。
奥に見える、上から電源が下がっている所
絵系はその場で描いている。
その場でペイントのブースは一応ビニールが下にしいてあるが
それをはみ出て絵の具をこぼしているところもあった。





小規模ながらもインスタレーションに近いことをやっているところも。ブースのサイズも大小さまざまで、しかも連続したブースを一団体がまとめて借りる制度もあるため、かならい大規模な出展も可能。
出店するなら自家用車必須ですな

会場はビッグサイトの西1-4+屋外であり、コミケットで商業ブースに足を踏み入れない自分は西3,4(上の階)初進出である。
そういえば同日会議棟ではコミケットスタッフ拡大集会をやってた。

上の階でいきなり鳥肌実グッズを売っているブースを発見。
写真集を買った
四時まで待てば本人にも会えたらしいけれども、諸事情あり三時に会場を出たためあえなかった。なんか現在はかなり太って髪も薄いオッサンになってるそうなので、実物はみないほうがよかったのかもしれない。

軽食を売っている屋台も多数あり、食欲の存在しないコミケットとは大きな違いを感じる。でも、結構人も多いし空気も悪いのであのなかで何か食べる気にはならないなーというのが正直な感想。コミケットは冬だろうがシャッターを全開にしているので人の多さの割に空気はいいということに気づいた。

ほんの一時間ちょっとしか見てないので全貌を見たとは言いがたいけれども、これはなかなかいいイベントを教えてもらった。もっと早く知っとけばよかったなーと思う。
普段學校なんかだといい学校出ていい会社にはいるだけが人生だみたいな人が多いんだけれども、世の中には意外と多数の道があるもんですね。