ASUS T100TA しおさい

ASUS T100を買って一週間ほどたったので詳細を。
ちなみに、自分が買ったのと同等品はほぼこれになるけど、54000円…。こっちは送料合わせてほぼ400ドル、関税1600円だったので相当安く買えたことになる。
JISキーボードで慣れてるって人も、キーボードドックだけ30ドルくらいで売られているので、グローバル版とJISキーボードドックを買ったほうが安いという。

あと、びっくりしたことにCPUがZ3775にマイナーチェンジされてる奴がとどいていたようだ。この記事を書いている途中で気づいたんだけど、こりゃーいい買い物だったわ!さっきの日本版同等品はおそらくまだZ3740なので、ますます個人輸入をすすめたい。
ASUSからはZ3740→Z3775の切り替えについて公式にリリースされていないそう。

1.拡張性

タブレットなので拡張性は低め。一応本体にMicroHDMI、microSDスロット、microUSB端子が一つ。(microUSBは充電端子と兼用。こういうのを使うと充電しながらUSB機器を接続できるとか。これ、N900につければLinuxサーバーにできるんじゃないかと思った。)

キーボードドックは実はかなり単純な仕組みになっており、タブレット本体との接続端子はただのUSB3.0。要するに、USBハブにキーボードとタッチパッドがくっついただけというもの。なので専用ドライバーも必要なく、Ubuntuとか入れても全然問題なく使えると思う。また、ドックについている端子はフルサイズのUSB3.0ポートが一つだけ。
後述のようにタッチパッドがちょっと残念なので、デスクトップで使うならマウスがほしいところだけどもたった一つのUSB端子を潰すのはもったいない。Bluetoothマウスを使うべき。

さっきも言ったように、ドックの方はかなり単純な仕組みをしている。ということはうまく工作すれば中にUSBハブを仕込んでポートを増やしたり、SDカードスロットをつけたりできるのではないだろうか?
今壊したら洒落にならないので実行には移していないんだけれども、AliExpressを眺めていたら、キーボードドックだけで30ドル程度で売られていた。これは試してみる価値あるかも?

2.入力

キーボードは値段から考えればめちゃくちゃ打ちやすい。アイソレーション型のキーボードといえば、ストロークが短く荷重曲線の振幅が大きい、つまり勢い良く打たないと入力できないのに勢い良く打つと底打ちの衝撃が指に走るというクソキーボードがあるけれども(MacbookProはまさしくこれ。)
これのは荷重が結構軽めに感じるし、ストロークも気持ち長い。
荷重曲線のイメージ
そりゃあ「これはいいキーボードだ…」みたいなものではないけど、350ドルのうちキーボードドックにかかってるのは20~30ドル程度と考えれば、かなりいい。
やっぱり、ちゃんとヒンジが付いているので溝に立てかけるタイプとは安定感が段違い。

一方でタッチパッドは安っぽいし小さい(特に縦方向)。ボタンでクリックするとペコペコいうのでタップ操作推奨。タッチ操作も意外と使える。

3.スペック

CPU、メモリ、HDD(こいつの場合はeMMCだけど)どれも現行の普通のノートパソコンに比べたらしょぼい。
とはいえこれに入っているAtomAtomという言葉でイメージされるほどしょぼくはない。初期のネットブックに入ってたAtomを想像していると、今のAtomはこんなに使えるのか!と驚く程度には使える。(一応ベンチマーク的にはCore2Duo E6400相当くらいらしい)
まぁでも、誰にでも薦められる製品ではないというか、よーしパパこれ一台でゲームも仕事もいろいろやっちゃうぞ!みたいな人は買うとがっかりするだろう。
安いからといって飛びつかずに、モバイルPCで何をしたいかというのをリストアップして、じゃあそれはT100でできるか、ということをちゃんと考えてから買ったほうが良いと思う。

一方、ランタイムは驚くほど長い。旅行に行くのでもなければACアダプタを持ち歩く必要がない。
使い方にもよるけど二、三日充電なしでもよさげ。しかも、充電電圧が5Vなのでモバイルバッテリーで充電できる。ただし、電圧が低いので充電は遅い。充電しながら使用していると、消費電力と充電電力がつりあっているのかほとんどバッテリー残量が増えない。

今のところmicroSDは入れてないけど、リーダーとの接続は内部的にUSB2.0なのでそんなにいいやつを買っても転送速度は出ないとか。大容量ストレージが必要なら、HDD付きモデルを買ってHDDをSSDに換装するのがいいと思う。タブレットモードでは使えないが…。

ディスプレイ解像度は1368x768。これ以上解像度が上がっても文字がちっちゃくなってしまうのでこの程度で十分かと。
また、Windows8.1のタッチ操作が意外と使えるんだけど、そのまま使うとディスプレイが指紋だらけになってしまう。アンチグレアフィルムはほぼ必須。
贅沢をいうと、VivoTab Noteみたいにデジタイザがついていたらなおよかったんだけど。



総括すると、誰にでも薦められる製品ではないけれども、誰にも勧められない製品ではない、というところだろうか。
用途にはまれば、すごく良いパソコンです。