iPSぱにっく

昨今話題のSTAP細胞とか、iPS細胞とか、一体何の役に立つのだろうか。

再生医療」という言葉があるように、やはり老化や生まれつきの病気などで弱った臓器などを正常にはたらくように若返らせる(生まれつきの場合はなんというんだ?)というのが一番イメージされやすいところだろう。
(参考:ヒトiPS細胞で肝臓作製 マウス移植、生存率大幅向上 横浜市大、世界初)

次に、わざと病気の状態の組織を作って原因や機構を探ったり、創薬の際の実験台にしてみたりというのもある。簡単にいえば、合法的に人体実験をすることができるということだ。もちろんヒトの組織を使えるというだけで、人体全部をつくってこねくりまわすわけではないが。
マウスや試験管ではうまくいったのに人体ではうまくいかない、という例が創薬の現場では多いそうなので、最初から(部分的とはいえ)人体を使って創薬ができるというのは革命的なんだという。

で、この先の段階として、遺伝子組み換えを使って自然な進化ではつくることのできなかった高性能なスーパー臓器を作るとかっていうのはできないんだろうか。

マウス実験の映像をとある授業でみたんだけれども、脳の細胞を遺伝子組み換えして「光を当てた時だけ活性化する神経細胞」というのをつくることができるらしい。
実験映像では、「眠りから覚めるときに分泌される物質」を分泌する細胞を光で活性化するように改造していた。
映像では、眠っているマウスの脳に光ファイバーがささっていて、その細胞につながっていた。そしてその光ファイバーに光を流すと、むっくりと起き上がったのである!!
これを活かして、耳たぶをひねるだけで「ドーパミン」を分泌できるバキのように、スイッチを入れて光をつけるだけで自由自在にドーパミンを分泌できるような人体改造が可能になるかもしれない。
(実際、昔の人体実験で電極をつけてドーパミンを出させている様子の映像も見た。それより手軽にできそう。)
ほかにも、アドレナリンを分泌させて臨戦態勢をつくるスイッチやメラトニンを分泌させてリラックスするスイッチをつけたりもできるかもしれない。
#この例はあんまり適切じゃないかも

複数種類の細胞が協力し合うような組織は難しいかもしれないけれども、一個の細胞で出来ているリンパ球くらいならあと20年位でチューン可能になってほしい。
ウイルスの変異を認識して抗体を合わせて変化させられるインテリジェントなB細胞とか。

細胞ではないがウイルスの遺伝子を改良して医療に使おうという試みはすでにあって、がん細胞で特異的に増えるHF10とかテロメライシンはすでに臨床試験も始まっている。50年以内にがんは克服されるか、HIVみたいに慢性疾患レベルに抑えることができるんじゃないかと期待しちゃいますね。


そして、逆に人体の組織を取り出して機械として使うことも考えられる。
新世紀エヴァンゲリオン』に「MAGI」というのがでてきますね。これは第7世代有機コンピュータというものだそうだ。
記憶が確かなら「使徒、侵入」で、たしかこのMAGIの中に入ってがんばるシーンがあったはずだが、この際に人間の脳みそそっくりのものがあったと思う。
「有機コンピュータ」という言葉や見た目から想像すると、これは人間の神経細胞を使ったコンピュータなんじゃないだろうか。

まぁ神経コンピューターはいまのところ夢物語の段階だが、けっこう近いうちに実現しそうなものとしては造血幹細胞を使って血液工場をつくれば献血いらず、というようなものがある。
(米軍が開発する「血液製造工場」 これは造血幹細胞を使っているとか)
(iPS細胞で「人工血液」を大量生産!? 献血も不要に!? これはiPS細胞をそのまま赤血球にしてる模様)


で、本当にくだらない話で申し訳無いんですが、、、ここから思いついてしまった。

自分で説明するのは恥ずかしいので画像でわかってほしいんだけど、こういうのがある。



単行本は不二河聡「乙女に白濁デコレーション」に収録
虹裏(jun)のコラ依頼スレでも、普通の「お風呂」に入っている画像を「こういう」のに改造してください、という依頼をしばしば見るし、愛好者の数は結構多いのではないだろうか。ちなみに余談だがjunのコラ依頼スレは常人には理解できない嗜好をもった人たちが集まっていて、その人達がやたら丁寧な口調で依頼を出しているのがおもしろい。

「こういう」のって、今では二次元でしかありえないような話なんだけれども、そのうち現実でも可能にならないだろうか。
いったい誰が研究するのか、とか、そんな研究に予算がつくのか、といった現実的なつっこみはおいておいて、「このプール」に入れる「水」を大量に生産できる工場を作るということも決して夢物語ではなくなってきたと思う。

「こういう」嗜好を持った石油王とかシリコンバレーの成功者とかが秘密裏に科学者を支援してこういう研究をさせたりすれば、ちかいうちに「こういう」プールも実現するかもしれない…? 

個人的にこういうのが好きかどうかということに関してはプライベートな事項なのでお答えすることはできかねるんですが、悪い話ではないような気がしますね。


……


オチありきで前半適当な文章を書いたんだろうと気づいた方、大正解です。


不二河聡は絵柄の割にハード目のが多い気がする。獣●ものの「アニマルモンスター」とか。タイトルは「TSぱにっく」からとりました。